- スポーツライター・小宮良之のブログ -
--.--.-- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | PAGETOP↑
2007.05.30 Wed 20:19
中華炎上
ヨーロッパを取材で移動していると、至る都市に中華料理屋があり、洋食に飽きたときの切り札になります。
4千年の味に感謝。
そんなわけでバルセロナ生活時代も行きつけの中華料理屋があり、週2ペースでお世話になっていたのですが・・・どうやら風の噂によると、先日火事で炎上したとか。
バルセロナでは、中国人マフィアの抗争はかなり激しく、その餌食になったのではと。こわ~。

6月、バルセロナに久しぶりに立ち寄るので楽しみにしていたのに。なくなってこそ大切なものの有り難みを知ります。お店そのものは復旧したらしいですが、味はかなり落ちたとか。

スポンサーサイト
日々徒然 | CM(0) | PAGETOP↑
2007.05.29 Tue 20:36
裏方の流儀
野球、サッカー、ゴルフ、アイスホッケー、競馬、水泳、バレーボール、ボクシングなど様々なスポーツ業界で働く裏方たち、15人の物語。
いずれも個性的な人物ばかりで、インタビューの中身は濃いものになりました。
こんな人生もいいかも、と思ってもらえるはずです。
でも、それは誰しもちょっとしたキッカケでなれるのかも。

明日、店頭に並びます!




裏方の流儀 ~天職にたどりついたスポーツ業界の15人~『裏方の流儀 ~天職にたどりついたスポーツ業界の15人~』
/角川マガジンズ
(2007/05/30)

本の紹介 | CM(0) | PAGETOP↑
2007.05.26 Sat 22:46
哀愁的東京
重松清さんの小説。読み終えました。
主人公は作品を書けなくなり、フリーライターとして食いつなぐ絵本作家。彼は様々な人々と会う中、刹那的に毎日を生きていきます。閉塞感と悲しみ。それが折り重なるように迫ってきます。

僕は好きです。
同じ文筆業としてちょっぴり自己投影して読んだり。

読書 | CM(2) | PAGETOP↑
2007.05.24 Thu 21:02
またもFMラジオ出演
昨晩は「調布FM」でインタビューを収録しました。
日頃はインタビュアーを気取っているので、逆の立場は勉強になります、はい。「まるごとFC東京」という番組の中で6月5日午後10時に放送されるそうです。まあ、「ルーツ」「裏方の流儀」という近著の告知でもあったのですが、FC東京についても話しました。

軽妙なおしゃべり、とはほど遠いですが、広い心で聞いてあげてください。
ちなみに今年、僕が取材した東京の試合は3戦3勝ですが、単なる偶然です・・・。
お知らせ | CM(0) | PAGETOP↑
2007.05.24 Thu 12:47
マルディーニ
CL決勝はACミランに軍配。
今シーズンは日本での観戦だったので、個人的には少し寂しかったですが、やはりプレーの質は高く見応え十分でした。
最高殊勲者はインザーギか。
でも、地味な活躍ながらキャプテンとして5度目の栄冠を勝ち取ったマルディーニ(もうすぐ39歳!)には改めて称賛の声を送りたい。
「息子ほど才能があって、努力家で節制家というのは見たことがないよ」とは親父さん、チェーザレの言葉。

パオロ、スパゲッティにまでアスリートのこだわりが。


ルーツ―フットボーラーたちの原点 『ルーツ―フットボーラーたちの原点』
/角川・エス・エス・コミュニケーションズ
(2007/04/21)

本の紹介 | CM(0) | PAGETOP↑
2007.05.21 Mon 22:41
FMラジオ出演
先日は、「ルーツ」の告知もかねて「FM西東京」に出演。
スペインでは何度かラジオ番組に出て適当なことを言っていたのですが、日本では適当なことが言えないので緊張しますね。
なにより、僕は声が高く、中学時代の合唱コンクールはソプラノに回されて女の子たちに泣かされそうになったので、ラジオ収録は恥ずかしい限りなんですが。とりあえず、無事収録は終えました。
6月4日放送予定らしいです。

聞ける人は聞いてください。
聞けない人は聞かなくていいです。
声、うわずっているかもしれないです。
お知らせ | CM(2) | PAGETOP↑
2007.05.21 Mon 17:30
時効警察
スペイン生活では、日本語が恋しくなったこともあり、持ち帰った日本の連続ドラマを見るのが一つの楽しみでした。
スペインのドラマは言葉が分かっても、つまらないものがほとんど。日本のドラマレベルは高いのです。
そんなわけで、ドラマ鑑賞のクセが付いたのですが、今はまっているのは毎週金曜放送の「帰ってきた時効警察」。ディテールにこだわっていて、演劇的要素が強いのがいいです!

番組冒頭でにせピーボ君が七変化するのは見逃せません。
「時効警察」はDVDで見よっと。



日々徒然 | CM(4) | PAGETOP↑
2007.05.19 Sat 00:29
ジラの本性
チャンピオンズリーグ決勝はACミラン対リバプール。
ジラの復活に注目です。

拙著「ルーツ」では、ジラの故郷ピエモンテ州をカメラマンと車であちこち巡りました。静かに聳える山々が、優しく夕陽に照らされる光景が印象的で。それはジラというストライカーの肖像に投影されていたのかも。
「あの子の落ち着きぶりは親も舌を巻くほどで、心配になったほどで」とはお父さんの弁でしたが、「サッカーをするときだけは無邪気だった」とか。
取材中、ジラの冷淡さの中にある情熱に触れました・・・。

ACミラン移籍後は不振ですが、頑張れ、ジラ!


ルーツ―フットボーラーたちの原点 『ルーツ―フットボーラーたちの原点』
/角川・エス・エス・コミュニケーションズ
(2007/04/21)

本の紹介 | CM(0) | PAGETOP↑
2007.05.17 Thu 11:45
ブログオープン。
先日、映画「BABEL」を見ました。
「伝わらない!」
現代における意志疎通の欠落を描いた作品。
感想は・・・見応え十分でした。

切ない感じ、好きです。

モロッコ、アメリカ、メキシコ、日本・・・異なる場所で同時に展開されるドラマに引き込まれていきます。切実に迫ってくるシーン、耳に残る音楽、胸に迫る孤独感。おすすめです。

そんなわけで、僕も少しでもコミュニケーションができれば、と思い・・・。

ブログ、はじめました!

お知らせ | CM(6) | PAGETOP↑
copyright © 2007-2016 estadi14. all rights reserved.
 |ADMIN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。