- スポーツライター・小宮良之のブログ -
--.--.-- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | PAGETOP↑
2007.06.27 Wed 10:39
バンビ~ノ
水曜ドラマ、「バンビ~ノ」が今晩最終回です。
博多から東京に出てきた青年が、都会に揉まれながらも愚直に生きていく・・・と言う姿が一流イタリアレストランを舞台に繰り広げられます。
こういう時代はあるよな、悪くないよな、と言う気分になります。
北村一輝が怪演。

僕も大学時代から2年ほどスペインレストランでウエイターのバイトしていました。
オーダーは僕らがスペイン語で取り、厨房では「トルティージャ、ドス!パエジャ・ミクスタ ウーノ!」という声が響いていました。
ちなみにそのレストランは「カサ・デ・フジモリ」といって関内と目黒にあるんですが、世界で一番おいしいパエジャが食べられます。
スポンサーサイト
日々徒然 | CM(0) | PAGETOP↑
2007.06.27 Wed 10:13
西の都、流転の星-欧州フットボールクロニクル2004-2007-(仮題)
日本初のサッカー専門新聞、『エルゴラ』(EL GOLAZO)で隔週水曜に連載していた「西の都、流転の星」というショートストーリーが駒草出版から書籍化することが決まりました。
8月下旬発刊予定です。
ただいま鋭意、加筆修正中。欧州を舞台にプレーするフットボーラーたち。彼らの人生の一こまを切り取ったショートノンフィクション集です。有名な選手も、無名な選手もいますが、その光と影を堪能していただければ。
本の紹介 | CM(2) | PAGETOP↑
2007.06.23 Sat 07:29
サッカー批評
6月8日発売のサッカー批評35号から「カンプノウで刻まれた思いを胸に」を連載することになりました。
バルセロナという街とフットボールに影響を受けた日本人たちを追っていきます。
第一回は羽中田昌氏。車いすでの監督挑戦、天晴れです。
お知らせ | CM(0) | PAGETOP↑
2007.06.23 Sat 06:48
ヘスス・スアレス
ワールドサッカーダイジェストでスペインのジャーナルを担当しているスペイン人名物記者なんですが、彼との付き合いは10年以上になります。サッカーに対する切り口が独特で、斬新で、たまに突拍子もないがそれが的を射ていたりするんですが、なにより人間的に結構不思議な奴で。
免許もないくせに「どれを買おうか」と必死に車を見ていたり、タクシーを降りるときに忘れ物ないか、と気遣いながら自分がリュックを置き忘れたことに気づき、「鞄返せ~」と慌ててタクシーを追いかけたり。
でもそんな間抜けぶりが憎めず、僕は長年に渡って関わっています。
僕は偏屈でちょっぴり変わっているので、あんまり友達が多い方ではないです。だから友人として付き合うのは同じように変わっていたり、心が広かったりする人だけで、彼はどちらかといえば前者かな。
今回も、取材の合間を縫ってラコルーニャを訊ねてきました。

ガリシアのたこ、堪能してきました。
そういうわけで、変わり者でも友人というのはできるという話ですが。
またお腹すいてきた。時差ボケだぁ~
日々徒然 | CM(0) | PAGETOP↑
2007.06.22 Fri 06:39
Number、書評
6月21日発売のNumber681号で、「ルーツ、フットボーラーたちの原点」が書評で扱われています。
書評を担当していただいたのは野洲高校の監督としてサッカー界に旋風を巻き起こした山本佳司先生。
「滋賀県の小さな町で世界を見据えてサッカーを教えている者として、改めてモチベーションを喚起された一冊だった」
 嬉しいお言葉を頂いています。


Sports Graphic Number 2007年 7/5号Sports Graphic Number
2007年7/5号

文藝春秋
本の紹介 | CM(2) | PAGETOP↑
2007.06.22 Fri 06:28
時差ボケ
うがっ、時差ボケだ。
朝4時30分から活動してしまっている・・・。

昨晩、バルセロナから戻りました。
最後の昼食は、ブログにも書いた炎上して復活した中華。火災保険狙いのぼや騒ぎだったとかいろいろ疑惑はあるようですが、ラーメン、味は失われていなかった!
などとぼんやり思い出すとまたお腹がすいてきた。体内時計が狂っている。
早く、日光浴しないと。
でも、お空はどんより。雨だな、これは。
もう今日はこのままどんより過ごそう。雨の日の方が仕事はかどるし。

ところで、2泊くらいの日程で来日してプレーするスポーツ選手って凄いです。それはホームでは勝たないと。

またお腹すいてきた。

日々徒然 | CM(0) | PAGETOP↑
2007.06.20 Wed 09:10
メトロ
ソリアで過ごした1週間が終わり、”ふるさと”バルセロナの日々を満喫しています。
約1年前まで自分が5年間過ごした家の近くのホテルに宿泊したので、辺りを散策して懐かしんだり。
晩は旧友と慣れ親しんだ韓国料理。うまかった。

その帰り、あまりに話が弾んだからか、地下鉄が最終に間に合うかどうか。まあ、すでに帰る方向が違う僕は一人で来るか来ないか分からない電車を待つことに。
「終電の合図ぐらい出せよ」と毒づくと、「ホントこの国は最低だ」と同じくホームで待っていたベネズエラ訛りっぽい兄ちゃん(たぶんベネズエラ人)と意気投合。ひとしきりぷんぷんと文句を言ってから、「とりあえず上に行って確認しようぜ」となったのだが、係員のお姉さまは「来るかもね」と要領を得ない。
もうがっくり。
頼むぜ、スペイン。
そこに下からスーと響く線路がかすれる音。
「電車が来たぞ!」
ベネズエラ訛りの男とさっき上がってきた階段を全速力で下りて、間一髪、間に合ったのでした。
車内では「良かったな」「これからどこに行く」みたいな何気ない会話。
最後は何となく、二人して「元気でな」なんて握手して別れて・・・。。
僕はちょっぴりいい気分で帰りました。
なんでもないことなんだけど、そういうところにハッピーはある気がするんです。
スペインの適当加減は何度来ても腹立たしいけど、世の中には不便な方が幸せになるということがある、と僕は思っています。この種の幸せ間は人に説明するのが難しいんだけど、何となくハッピーなんです。よく分からないけど、生きている感じがするんです。

悪くないぜ、スペイン!
日々徒然 | CM(1) | PAGETOP↑
2007.06.17 Sun 21:11
チーム得点王
昨日、ヌマンシアの最終節を見ました。
福田選手は右足首を痛めていての強行出場。でも、それは監督の信頼を勝ち取っている証なのです。彼が長い1シーズンで得た勲章というのでしょうか。注射を打ってのプレーで本来の姿ではなかったにもかかわらず、評価はむしろ高まったほど。何しろ、チーム得点王ですから。
チームの解散パーティーでは選手たちの絆の強さを感じましたね。誰もがいつかどこかでの再会を誓い。。。何かフットボールっていいなって。

個人的に、福田選手は代表に入ってもおかしくない存在だと思いますが、それはスペインでさらに活躍する事でいつかかなうはず。日本でプレーして力を見せる必要なんてまったくありません。今、JにいるFWでスペインの2部という高いレベルで二桁以上取れるのは大久保くらいでしょうから。

それにしても地元ラジオ開催の授賞式でごちそうになったソリア料理はどれもうまくて。ワインでしたたかに酔ってしまいました。
お知らせ | CM(0) | PAGETOP↑
2007.06.14 Thu 17:21
ヌマンシア、福田健二
今、ソリアという小さな町に来ています。人口3万人。のどかな感じがいいです。福田選手のお家に居候。密着取材というやつで、秋口には彼の人生をつづった作品を書き下ろしで執筆し、ドキュメンタリー番組でも流していく事になりそうです。
取材内容についてはまたそのときに。

今いえるのは、少なくとも彼は町から愛され、「来季も残ってくれ」という声は本物です。日本でどんな報道が流れているのか知りませんが、スペインでプレーすることを前提に考えています。
昨日は授賞式で、1試合を残してチーム得点王でトロフィーをもらっていました。他にも幾つか賞をもらうことに。

彼の挑戦がもっと正当に評価されることを願っています。

今日は僕が福田についての逆取材を受けることになっています。
みんなにアピールしよっと。
お知らせ | CM(0) | PAGETOP↑
2007.06.10 Sun 18:22
優勝争い
昨晩はサラゴサ対マドリッドを観戦。
なかなかに凄まじい戦いでした。
「サッカーって面白い」と久々に思いました。
諸事情によりカメラマン席で観戦したのですが、ピッチレベルで試合を見るというのは臨場感があってたまには悪くないです。
コーナーキック、触れるくらいにベッカム様がやってきたときは思わず、わおー、と胸の中で呟いてました。別に好きでも何でもなんでもないんだけど。記者の囲みで側にいても「声の高い兄ちゃんだな」くらいにしか思わないんですが、やっぱりプレーしているときは特別なんですかね?

試合内容などはいつかどこかで書きます。
お知らせ | CM(2) | PAGETOP↑
2007.06.07 Thu 10:04
メダリスト
昨日は友人の紹介で、アテネ五輪ヨット男子(470級)で銅メダルを獲得した関一人選手に話を聞きました。
飄々とする中にヨットに対する思いを込めている人だな、と言う印象で。
「同じ風は吹かない」という言葉をかぎに、奥深いヨットというスポーツのノンフィクションを書いてみたいな、と思いました。

こういう出会いはありがたいです。
今日夜の便でスペインに発ちます。
またいい出会いがありますように。

070606_171156.jpg

日々徒然 | CM(0) | PAGETOP↑
2007.06.06 Wed 02:15
またもやFMラジオ出演
今日はFM群馬のインタビュー収録。
先月末に発売された「裏方の流儀」についていろいろ喋りました。
でも、喋りは慣れません。いい加減、流ちょうに喋れないもんですかね。
リスナーに気持ちが伝わることを願いつつ。

元日本代表GKの小島さんの番組、「エナジスタ」で流れるそうです。
放送日は2007年6月15日(金)13:00~14:55。
 web site http://www.fmgunma.com/energysta/energysta.php
お知らせ | CM(0) | PAGETOP↑
2007.06.05 Tue 00:37
バルセロナ
久々にバルセロナに行ってきます。
なんか、こんなに楽しみなのは学生以来です。もちろん、取材で行くのですが、こういう気分は新鮮で悪くありません。

5年間暮らしたバルセロナはさすがに故郷のように感じることも多く、
いつだったか、ドミニカ共和国で連日食べ過ぎ、しかも飛行機が揺れに揺れてもう最低の気分だったとき、バルセロナの空港に着いた瞬間にたちどころに元気になったことがあります。
そんなときたまらなくバルセロナが愛しくなりましたね。

ちなみに成田空港も、羽田空港も、一度もそんな気分にさせてくれたことはありません。でも日本食にありつくと、「やっぱり僕は日本人だな」と感慨にふけっていたわけで、やっぱり僕は日本人なのです。
日々徒然 | CM(0) | PAGETOP↑
2007.06.02 Sat 20:48
モンテネグロ戦
たまにはサッカーについて。
モンテネグロ戦、日本は完全に集中力を欠いた格下を相手に、イージーなミスが多く、一度ペースを奪われるとバタバタするいつもの姿でした。
勝ったとはいえ釈然としない内容で、真剣勝負ならW杯オーストラリア戦のようになっていたのでは。
ペースが乱れたとき、それをいかに修正できるか。それは経験によってしか培われないのですが・・・。

本当に強いチーム。
それは劣勢なときにどんな戦いができるか、でジャッジされるのです。

お知らせ | CM(0) | PAGETOP↑
copyright © 2007-2016 estadi14. all rights reserved.
 |ADMIN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。