- スポーツライター・小宮良之のブログ -
--.--.-- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | PAGETOP↑
2007.09.29 Sat 19:59
瑠璃の島
今週は月、火と和歌山に取材だったのですが、ここ2週間、自宅に軟禁状態で原稿を書きまくっているので、心の癒しは「瑠璃の島」。
もったいなくて、一日一話ずつ。
過疎化が進む沖縄の孤島に少女がやってきて、どうたからこうたらのヒューマンドラマなんだけど、泣けます。
実話をベースにしているんで、臨場感があり、12歳とは思えない成海璃子という女優がこれまたぐっと来るのです。

ああ、鳩海島に行きたい。今すぐ行きたい。やしがにいるかな。ウミガメの赤ちゃんになりたいよぉぉ。


瑠璃の島 瑠璃の島
成海璃子、竹野内豊 他
スポンサーサイト
日々徒然 | CM(0) | PAGETOP↑
2007.09.27 Thu 11:59
モウリーニョ
先日、モウリーニョが辞任しました。

僕、彼がFCポルトで欧州を制覇する数日前に、インタビューをしています。
偏屈で、ポルトガル人のインタビューも受けなかった彼が申し出を受けてくれたのは、ワールドサッカーダイジェストでコラムを持つヘスス・スアレスが偏屈同士でモウリーニョと通じ合い、強力に僕を推薦してくれたからでした。

インタビュー、かつてない磁力を感じました。バチバチと電流が流れているみたいで。

それからしばらくして、2005年ワールドユースで、ウクライナ系イスラエル人のエージェントと町中のパブで何となく話し始めて。働きの悪いパブで、文句を零したのがキッカケでした。
ウクライナ人選手のほとんどを掌握しているという男は、不気味に言い放ちました。
「モウリーニョは神になろうとしている。奴の未来は長くない。2,3年で必ず時代が終わる。サッカー界は神になろうとする人間を許さない」

モウリーニョ、これで終わる男ではない。
その凄みを肌に感じ、忘れることのできない僕は思っています。


お知らせ | CM(0) | PAGETOP↑
2007.09.18 Tue 23:40
DVD鑑賞
10日間以上、缶詰になって原稿を書いているので、DVDを脈絡もなく鑑賞しています。
ハチミツとクローバーは青春映画。蒼井優がいい。キラキラしてます。原作は読んでませんが、こんな主人公がいたらなと。
日本沈没は同名小説のパニックムービー。とにかく崩れゆく日本をご覧下さいみたいな感じ。一つ一つの展開に説得力を欠くので、平和を願いながら見ました。「日本以外全部沈没」の方が笑えます。
フライトプランはジョディ・フォスターが熱演。飛行機という密室の中で何者かに娘を奪われるのですが、彼女の狂気が伝わってくると何が真実なのか分からなくなり・・・垂涎の一品です。
最後に出口のない海は、人間魚雷に乗り込む元甲子園球児のお話。戦争は虚しいです。ホント出口がない感じでした、ラストも。
日々徒然 | CM(5) | PAGETOP↑
2007.09.18 Tue 13:05
読書
東野圭吾さんの「夜明けの街で」を読み終えました。
殺人事件の容疑者と不倫に堕ちた男のお話。既婚者にはその描写はなかなかに迫ってくるものがあり・・・ドキドキしながら読みました。
テンポが良くて、一気に読めます。さすがです・・・
「白夜行」「幻夜」は、人間の深い業が生々しく描写されていて好きですが、こういう作品も良いのではと。

それにしても、この人の筆力は物凄い。
物書きの端くれとして刺激になります。今、初書き下ろし作品を執筆中だけに・・・。

本ありがとう、T君。

夜明けの街で夜明けの街で
東野 圭吾
読書 | CM(0) | PAGETOP↑
2007.09.14 Fri 10:35
Number「スポーツを読む」
9月13日発売のNumber「スポーツを読む」で
「西の都、流転の星」が紹介されました。


Sports Graphic Number 2007年9/27号Sports Graphic Number
2007年9/27号

文藝春秋
本の紹介 | CM(0) | PAGETOP↑
2007.09.09 Sun 22:45
サッカー批評 連載
9月10日に発売のサッカー批評で、連載「カンプノウで刻まれた思いを胸に」が掲載されています。バルセロナで活躍するカメラマン、鈴井さんを描きました。
バルセロナで活動していた当時は、いろんな取材に同行しました。
とても熱い写真を撮る人です。
ご飯を食べるのがとても早い人です。
のどごしで味わうそうです。


サッカー批評 第36号サッカー批評 第36号
双葉社
お知らせ | CM(0) | PAGETOP↑
2007.09.05 Wed 23:34
今日から福田健二選手の激闘を描いた「遺書」の続編となる本を執筆し始めました。
数日間、パソコンの前で唸ってしまい、何となく書き始められなかったのですが、雨をキッカケに。
雨の日が、僕は嫌いじゃありません。
低く灰色の雲が立ちこめ、地面が濡れそぼり、建物に雨が弾ける・・・なんだかとても落ち着いて、集中できるんです。
そういうこと言うと、「暗いね」とたしなめられたりもしますが、ネクラですが、それが何か?
台風9号の雨なので、災害にならない程度で。
雨の神様、お願いします。

1年の3分の2が雨降りのスペイン、ラコルーニャ。結構、僕は好きです。
日々徒然 | CM(0) | PAGETOP↑
2007.09.04 Tue 20:15
フットボールの色彩、第4回、岡山
9月4日発売の週刊サッカーダイジェスト、連載第4回「フットボールの色彩」が掲載されています。今回は岡山。岡山湯郷ベル、岡山ファジアーノを探訪し、岡山フットボールの彩りを描きました。ぜひご覧下さい。


週刊サッカーダイジェスト週刊サッカーダイジェスト
日本スポーツ企画出版社

お知らせ | CM(0) | PAGETOP↑
copyright © 2007-2016 estadi14. all rights reserved.
 |ADMIN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。