- スポーツライター・小宮良之のブログ -
--.--.-- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | PAGETOP↑
2008.04.29 Tue 22:39
体育の授業の柔道着、どこに行ったのか?
北京五輪の100キロ超級代表、全日本選手権で2年ぶり2度目の優勝を果たした石井慧(国士大)クンに決まりました。
「勝ち方が釈然としない」「全日本の決勝らしくない」とさんざんに言われ、本人も「こんな柔道しかできず」と涙を流しながら悔しがっていました。
これ、プロスポーツ的視点で見ると、かなり不思議な光景であります。
一本勝ちを良しとする武道精神、そこに柔道の神髄はあるのでしょうけど。
潔さこそが尊ばれるべきもの。その意味で、勝つだけでは物足りないというわけです。
でも、柔道をスポーツ競技としてみるならば、優勝と言う事実はもっと讃えていいのでは、とも思います。強豪が揃い、総合力で拮抗する中、若い彼が勝つ手段を見いだし、見事にやり遂げたわけですから。
スポーツと武道、この境界線は曖昧なだけに、難しいです。

でもとにかく、北京でも頑張れ、石井くん。

2004年夏に国士舘高校の柔道部だった石井くんのインタビュー、蔵出しです。
とっても純真で、個性的な印象が残っています。
あれから4年か。光陰矢のごとしでござる。

 名門、国士舘高校柔道部。100kg級で大将の系譜を継ぐ石井彗は、悪びれることもなくいう。
 -将来は?
 「オリンピックで金メダルを取って、『PRIDE』に行きます」
 -憧れの柔道家は?
 「秋山(成勲)さん。僕、清風中学(大阪)なんですけど、秋山さんは先輩でよく教えてもらっていたんで。今でも試合前に電話をもらったり。まず、元気を出していけって」
 -金髪にはしないの?
 「・・・学校の決まりがあるので・・・」
 人なつっこく笑う。
 -音楽は聞くの?
 「ケツメイシ。『涙』にはまっています。昔はラッパーを目指していたんで(笑)」
 -ところで、彼女はいるの?
 「いません。今は興味ないです。強くなれば寄って来るんで(笑)」
 -それこそ、PRIDEにいってから?
 「そうです!」
 お調子者なのか、人を楽しませる余裕か。しかし、柔道着を着て、すり足で技をうかがうときは、闘う男の顔を浮かべる。彼の周囲には凛とした空気が張りつめる。二つの違う顔。ただ大言壮語が吐ける自信の裏付けが、彼にはある。「趣味は?」という問いに、彼は「ジムワーク」と答える。130㎏のベンチを軽々と上げるその腕力は、高校生のレベルではない。
 そして彼が体をいじめ抜けるには秘密があった。
スポンサーサイト
お知らせ | CM(0) | PAGETOP↑
2008.04.26 Sat 15:32
加賀百万石の都
今週は石川県、金沢に出張取材。
星稜高校やツエーゲン金沢で話を聞いてきました。
外部からの刺激が金沢という土地で昇華されているだな、そんなことを感じました。
高校にも、もちろんクラブにもいろんな土地から来ている人たちがいて、越境者が与えるエネルギーについても考えたり。

2年前に「NIKE FOOTBALL2006」で、”越境”が培う、プロサッカー選手として必要な能力という原稿を書きましたが、ふと、当時の取材を思い出しました。
自分自身も日本を出て生活することで、大きな刺激を受けましたが・・・越境とはなんなのか・・・。
以下は当時のコラムを蔵出しです。

 獅子の子は千尋の谷に突き落とされた方が、強くなれるのかも知れない。
 かつてFCバルセロナの寮からは夜中になるとすすり泣きが聞こえた。自分が思い描いていた現実とのギャップ。それに打ちひしがれた子供たちが、故郷を恋しがり、強烈なホームシックにかかる・・・現代はメールや携帯電話の普及で、望郷の念は薄れたと言われるが、まだ大人になりきれない少年にとって、家族を離れた土地で暮らすことは勇気がいることだったと言う。
「俺はサッカー選手になりたいという気持ちが強かった。だから、寂しさよりも目の前のやるべきことに夢中になっていた」
 バルサの闘将、カルレス・プジョルは、故郷ジェイダから越境でマシアと呼ばれる寮には入った。
「周りを見渡したら、自分が一番下手だった(笑)。これは人の何倍も練習しなければ、絶対にここでは残ることはできないと思ったね。だから、わき目もふらずに練習していた思い出がある。下手だったけど、誰にも負けたくないと言う気持ちは強かったし、高いレベルで練習することで自分がうまくなっていくことを感じていた。だから自分の場合、マシアでの生活は寂しいと言うよりむしろ楽しかった」
 彼は越境による寂しさを楽しさに変えた。そのタフネスを持っている選手は、日本でもスターダムののし上がっている。大久保嘉人(マジョルカ)、松井大輔(ルマン)、田中達也(浦和)、本田圭祐(名古屋)、中田浩二(バーゼル)、西紀寛(磐田)、平山相太(ヘラクレス)・・・彼らは中学から高校に進学するときに、越境を決意したが、その後目を見張る成長を遂げた。
 大久保は「サッカー選手になりたい」と中学時代にすでに越境しているし、松井は、「自分はフィジカルが足りないから」という深謀遠慮で鹿児島実業を選択し、本田はガンバユースに昇格できずに星陵高校進学というコースだったが、見事に逆境をバネにした。それぞれ経緯は異なるが、彼らは越境を起爆装置にしたのだ。
「サッカーに集中できる環境でやりたかったんです」
 全寮制の青森山田高校から今年3月、FC東京に入団した小澤竜己はストイックな眼差しで語った。彼は生まれ故郷の名古屋から越境を決意した。
「青森山田は冬になると雪が積もり、そこを走れば足腰が鍛えられると言うことを聞いたんです。自分は地元のクラブユースで育ったのですが、もっと厳しい環境を求めていましたから、青森に行けば、そういう練習ができるかなと考えて。だから自分で決めたことなので、ホームシックはなかったですね。サッカー選手になるためには、そうすることが必要だと感じたんです」
 故郷を離れ、寮で集団生活を送ったからと言って、成功は約束されるわけではない。地元でじっくりとプレーすることで才能を開花させる人間はもちろんいる。世界を見渡して、すべての一流選手が越境を経験しているわけではない。しかし、プロサッカー選手は原則的に一つの場所にはとどまることができない職業だ。新天地に適応する能力と折れない心が常に求められる。
「ブラジル人選手を獲得するなら、欧州でプレーした経験のある方がベターだ」。Jリーグのスカウトたちにとってそれは一つの定石だと言う。ブラジルで奔放に育った選手たちは実力的に申し分ないが、いきなり日本に来ると環境の激変に付いていけず、心が折れてしまうが、欧州でのプレーを経験したブラジル人は大人になっていて日本に来ても順応期間が少なくてすむのだ。
 越境はスポーツエリートを創り出すための身勝手な行為と断じられることもある。
 だがそれは的が外れてはいないか。たしかに越境して失敗し、涙に暮れて帰る若者は少なくないだろう。打ちひしがれてしまった子は、その後の人生に悪影響を及ぼすこともないとは限らない。ただ、そこで培った経験を糧に“人間としての幹を太くする者”がいるのも真実だ。
 人は降りかかる災難を自らの力で振り払い、逆境をはねのけて前に進むことで心を強くする。生きる術。それは教えられるものではなく、目を背けずに立ち向かうことで得られるものだ。人は一人で生き抜くことの難しさを知ることで、ようやく仲間の大切さを知り、思いやる気持ちになれることができるのかもしれない。そこに人間としての真の強さが生まれるのではないか。
「サッカーは最後は個人なんだ。自分でなんとかしなければいけない。けど、寮で暮らすようになって、改めてサッカーがチームスポーツだと言うことが嫌と言うほど分かった。マシアで育ったチームメイトたちとは今もなんでも言い合えることができる、親友なんだよ」
 プジョルの言葉に、越境の意味が込められている気がした。
 
日々徒然 | CM(0) | PAGETOP↑
2008.04.17 Thu 12:09
この道はきっとどこかにつながっているのだ。
昨晩、福田選手と電話で話をしました。
尊敬できる選手であり、気の置けない友人でもある彼と話すことは、とても刺激になります。
スウェーデンの名門、イエーテボリとの親善試合で、かりかりしたDFから悪質な蹴りを尾てい骨に受け、その痛みがひどくしばらく戦列から離れていたようですが、今は英気を養い、復活を見据えている様子で。乾坤一擲、捲土重来、その反撃を今は楽しみに。

「RUN」の反響は福田選手個人にも届いていた模様ですね。
ある小学校では道徳の教材に使われたとか。
「生きる勇気を与えてもらった」という人もいたとか。
僕は伝者に過ぎないのですが、そういう話を聞くと溜飲が下がります。
”何か”は読んだ人々の心に残るんだろうなと。それは彼との約束だったし、書き手として奢りではなく、自負なのです。

実は「RUN」は狙っていた文学賞を逃しました。
これは僕の不徳の致すところで、全く恥ずかしい。これだけの素材を文学の領域にまで高めることができなかったのは痛恨の極みです。
自分には”何か”が足りなかったのでしょう。

でも、たくさんの反響を聞き及ぶに付け、やっぱりこの本を書いたことは誇りに思えるのです。

「RUN」というタイトルには、表題の思いが込められています。
どこかにつながっているに違いない道を走っていくしかない。
その道にいろんな”何か”は転がっていて、それは見方によっていろんな形や色に映るんだと僕は思います。
走り続ける姿にリアルなドラマがあるんだと。
僕の仕事はその一瞬を自分のフィルターで切り取り、世の中に伝えること。それを続けるしかないんです。

そうそう、「RUN」というタイトルが自分の中で決するまでは、「殺し屋とホットケーキ」というタイトルが有力でした。
今日の朝食はホットケーキ。
僕は熱々の時にマーガリンをたくさんぬって食べるのが好きです。
本の紹介 | CM(3) | PAGETOP↑
2008.04.17 Thu 00:34
藤原竜也と共演!?
タイトル、なんのことはありません。
先日放送された「スポーツ大陸」で藤原さんがナビゲーターを務め、僕は証言者の一人に過ぎなかったのですが。内容の評判は上々らしく、大久保嘉人の挑戦に興味のある方は19日朝、BSハイビジョンで再放送があるようなのでご覧下さい。

個人的には、勝手にバルセロナとマジョルカを往復していた頃を思い出し、少ししんみりしました。
フリート・マジョルキン。
島の郷土料理なんですが、子羊のレバーとジャガイモをオリーブオイルで炒めた一品で、これは旨かった。一度食べるとしばらくはいいわ、という重ための料理なんですが、忘れた頃に無性に食べたくなるんです。

それにしても、日本人サッカー選手が現実にカンプノウ、サンチャゴ・ベルナベウのピッチに立つ。その姿は何とも誇らしかったな~

日々徒然 | CM(0) | PAGETOP↑
2008.04.12 Sat 23:44
東京ダービー
今日は東京の盟主をかけてのダービーを取材。
悪くない雰囲気の中、選手たちも熱気に煽られ、好ゲームが展開しました。
前半は、フッキを前線に擁したヴェルディがFC東京をロープ際に追い詰め、1点リードで折り返すも・・・終盤になると疲労の蓄積か、精神的に受け身になったヴェルディはずるずると後退し、FC東京の猛攻に沈むことに。
FC東京、さすがの意地を見せたと言えます。
ただ、ヴェルディも悪くはなく。
ヴェルディが降格したとき、僕は「ヴェルディは死んだ」というノンフィクションをNumberで発表し、反響も少なからずだったのですが、今はいつか続編を書いてみたいな、なんて思っています。

帰り道、最後とばかりに咲き誇る夜桜が綺麗だった。
お知らせ | CM(0) | PAGETOP↑
2008.04.11 Fri 19:40
近年見たドラマの中では秀逸なり。
録画しておいたNHKドラマ「ハゲタカ」を鑑賞し終えました。
なんだかもう涙が止まらないシーンがいくつもあり、秀逸の作品ですね。
「企業買収」ビジネスをめぐる男たちの野望と葛藤、そして挫折と希望を浮き彫りにする、骨太な経済エンターテインメントドラマ!と解説にはありますが、お金を巡る人間たちの重なり合うような業が、胸にじーんと来ます。多少、ありえないやろと言う場面もありますが、突っ走れる物語の勢いがあるのです。
原作も読んでみよう!

ハゲタカ〈上〉ハゲタカ〈上〉
真山 仁

日々徒然 | CM(0) | PAGETOP↑
2008.04.10 Thu 19:31
暴れん坊から真のエースへ、らしい
4月12日、NHK衛星第一で放送の「スポーツ大陸」(23:10)でインタビューを受けています。
テーマは大久保嘉人。
マジョルカ時代のヨシトとは劇的に顔つきが変わりました。男っぽくなったなと思います。落ち着き、自信、余裕が出たのか。
久しぶりに彼のことを書いてみたいな、と思い始めています。


日々徒然 | CM(0) | PAGETOP↑
2008.04.10 Thu 00:05
血と暴力の国なのだ。
先日、気になっていた映画「ノーカントリー」を鑑賞してきました。
老いぼれたちの住む国はもうない、みたいなのが原題。血と暴力の国という文学作品を元にしていて、とにかく胸が締め付けられるような映像が全編に渡り迫ってきます。
ノーミュージック、の演出が怖い。
スペイン人俳優、バルデムが殺人鬼的殺し屋を怪演。彼は「ロス・ルネス・アル・ソル」「ハモン、ハモン」でも好演しているんですが、演じるたびに全く違うキャラクターになりきれるのがすごい。
それにしても、殺し屋シガーは残虐極まりなく。彼は現代の理不尽さの象徴なんでしょうか。それとも人間があんな怪物を生み出したのか。
一方で保安官と殺し屋に追われる男たちはどこまでも人間臭く、とりわけ後者の最後は・・・。

なんか物思いにふけりました。
ノーカントリー。
コインの表裏に人生を託すようなことはしていないか。
幸せとはなんなのよ。
そんなこと考える僕は老いぼれなのか。
日々徒然 | CM(0) | PAGETOP↑
2008.04.04 Fri 13:40
年上のアスリートは少なくなったもんだ。
72年組は世界サッカー界ではなかなかの豊作。
フィーゴ、ネドベド、リバウド、ルイコスタ、補足するとジダンも72年生まれの選手でした。
フィーゴ、ルイコスタはリスボンの生まれ故郷を訪ね歩き、ルポも書いたので感慨もひとしお。リバウドは最盛期をカンプノウで目撃し、ACミラン時代にミラネッロでインタビューもしたし。また、デッレアルピで目にしたネドベドはまさにサイボーグみたいでした。

しかし世の常とは言え、季節が移り変わるように彼らの時代も終わりを告げようとしているのであります。誰も時の流れには逆らえない。諸行無常の哀れさというのか。個人的には、そこに何とも言えぬ美学を感じてしまうし、一瞬なりとも人生の輝きを放った彼らは美しいのですが。
もちろん、彼らの人生は続いていきます。

そして、それは僕も同じ!
同い年としては、勝手ながら共感し、彼らの物語を書けて良かったな、と心から思いながら。
またひとつ年を取ってしまったこの日に。
日々徒然 | CM(2) | PAGETOP↑
copyright © 2007-2016 estadi14. all rights reserved.
 |ADMIN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。