- スポーツライター・小宮良之のブログ -
--.--.-- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | PAGETOP↑
2008.06.30 Mon 20:32
アジア王者の苦しみ
おとといはJ取材。
浦和、ひどい負け方だった。
攻撃陣が高い位置でプレーできず、不用意なボールの取られ方で柏のカウンターの餌食に。
守りありきのチームコンセプトは退屈極まりなく、しかも守備が破綻しては・・・なにをかいわんやである。
オジェックからエンゲルスに監督は替わり、いくらか持ち直したように見えるが、事態は改善したとは思えない。
例えば闘莉王のボランチも、盾の半面的な起用法だ。
中盤から攻撃力を生かし、相手をねじ伏せようと言うことだろうが、バックラインは脆さを露呈しただけでなく、彼はゲームを展開するMFではないために、全体の統制まで失われてしまっている。
とりわけ、サイドアタッカーはもっとスムースな展開を求めているが、それがないために浦和の両サイドはバックラインに吸い込まれ、挙げ句に敵に蹂躙され続け・・・。
中盤で相手の攻撃を潰した上で、速攻で相手の息の根を止めたいのだろうが・・・例え成功したとしても王者としては・・・あまりインスピレーションを書き立てられる戦いではない。

一方、独自の世界を見せてくれたのは、柏のフランサ。彼はスペインで言う”時間を操る”選手。どんなプレッシャーを受けても簡単にスペースを作り出し、チャンスを呼び込む。。。
彼を中心に時間が止まり、周りの動きがスローになった瞬間に、決定的なプレーを繰り出すのだ。ピッチ上で与えられる時間は同じはずなのだが、優れた状況判断力、イマジネーション力、技術力がフランサに”時間を与える”のだ。

フランサはJの中で、お金を払っても見たいと思える選手。
もう一人は鹿島のダニーロ。彼らは格というか、器が違う。もっといえば、見えているモノが違う。
日本人Jリーガーにも、独自の世界を見せてくれる選手が出てきて欲しいが。
スポンサーサイト
お知らせ | CM(0) | PAGETOP↑
2008.06.29 Sun 18:08
こんな爺さんがいてくれて良かった。
スペイン、いよいよ決勝。
「どうせグループリーグ突破が精一杯やろ?」と思っていたので、なんか不思議な気分。
でも、フィクションで書いた老将の夢、ではこんな”予言”も。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/euro/08/column/200805/...

アラゴネス、記者たちからは批判されてきたが、「有象無象の若造どもが」と相手にせず、「こちとら長年の勘だけを頼りにやっとるんじゃ」と開き直り、胸を張れる姿は少し羨ましい。
結果も出しちゃっているわけで。
こんな頑固な爺さんがいてもいいよなって僕は思う。
何でも分かったように人の話を聞くだけの人間ばかりだったらつまらない。爺さんには爺さんのプライドがある。カン。それは長いこと、真剣にその仕事に向き合わなければ備わらない。それがアラゴネスにはあるんだろう。モウリーニョやベンゲルを「ふん、小僧どもが戯言を」と鼻で笑えるくらいね。

ドイツ戦、キーマンはセスクかな、それとカシージャス。

お知らせ | CM(1) | PAGETOP↑
2008.06.19 Thu 07:49
あんなとこでこんなとこで。
もう店頭にない雑誌もあるかも知れないが。覚え書き。
EUROとW杯アジア予選のサッカー月なり。

6月9日発売号、週刊現代(クリスティアーノ・ロナウド、ちょっといい話特集)。
6月15日掲載文、スポナビ(GKの内に潜む狂気、EUROコラム)
6月17日発売号、週刊サッカーダイジェスト(日本代表に喝)
6月19日掲載文、スポナビ(EUROコラム)
6月19日発売号、ワールドサッカーダイジェスト(グイサ、セルヒオ・ガルシア、シルバ、人物)
6月24日発売号、週刊サッカーダイジェスト(サムライたちの流儀)
6月25日発売号、スポルティーバ(ルポ、大国の光と影)

EUROでもロナウド、オーラが出ています。
ちょっと空回りしているような気もしますが、ドイツ戦が楽しみ。はたしてマドリード移籍はあるのか。
チームとしては、勢いではオランダ、スペイン、クロアチア、ポルトガルが抜きんでたグループリーグでした。でも、むしろローギアで走る列強の追い上げが不気味。スペインはたしかに悪くないけど、今のところくじ運に恵まれた印象強し。DFはもろい。
それにしても、開催国、どちらもグループリーグ敗退は情けない。
2012年は是非、スペインで開催を。
お知らせ | CM(0) | PAGETOP↑
2008.06.17 Tue 09:55
バスに乗ったり乗らなかったり。
ポンテベドラからログロニョまでは約10時間のバスの旅。
最初はたじろいだ。バスは本を読んだり、仕事のメモをとったりができず、時間をもてあます。また、空間も限られる。ほとほと困ったのだが、この旅、なかなか悪くなかった。
窓から見える人々の日常はどこかノスタルジックだった。
例えば夕暮れの田園風景、突き当たりの家までの一本道を年老いた老夫婦が手をつなぎながら歩いていた。
それはどこかに辿り着こうと言うよりも、ただ一緒に歩くことに意味があるみたいで、とても優しい光景だった。
人間的に極めて未熟だからか、自分はそういう姿を見ると涙がこみ上げそうになる。いいなあって。でもそれは自分がなりたいとか、理想ですとか言うのとは全然違くて。なんだか優しくなるのだ。気持ちが。人間も悪くないんだよって。言ってもらえている気がして。

ガリシアの浜辺、夕刻。

galicia
日々徒然 | CM(0) | PAGETOP↑
2008.06.15 Sun 08:13
スアレスのgodoy cafe 繁盛しておりました。
「スポルティーバ」の取材でスペイン行脚。6月25日号では大国の光と影のルポを執筆しています。
また、掲載号は未定ですがある選手のノンフィクションも。こちらは心を揺らす真実があり、濃厚な取材になりました。
ポンテベドラ、ログロニョとスペイン人でもマイナーな都市に滞在。
どちらも人が温かかった。マドリードとかでスペインに幻滅した人には是非訪れて欲しい。

行きがけにラコルーニャに寄ったのですが、行ってきました、ゴドイカフェ。
ワールドサッカーダイジェストのコラムニストで、腐れ縁のスアレスが奥さんとオープンした店です。
結構、お客さんもいて。レストランと言うよりは軽食という感じですが。どれもスペイン料理としてはピカイチにおいしいです。
気性の荒い奥さんが作る料理は意外にも繊細。いろんな店でスペイン料理を食べていますが、かなりの上位に入る味です。
↓はウェイター風のスアレス。
「俺の入れるコーヒーは世界で一番」と豪語。実は偶然にも誕生日だったりしたのもあるのか、他にも根拠のない自信満々コメントが炸裂。親戚や友人も「またこいつ言っているわ」みたいな感じだったが、それでも温かい目で見守られてしまうのは人間性なのか。
ハッピーバースデー、スソ。

画像-0036

お知らせ | CM(0) | PAGETOP↑
copyright © 2007-2016 estadi14. all rights reserved.
 |ADMIN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。