- スポーツライター・小宮良之のブログ -
--.--.-- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | PAGETOP↑
2008.09.24 Wed 00:01
あきたこまち
今日はFC東京取材。
ある選手のノンフィクションで密着中です。
いくつか痺れるプレーを見せてもらいました。
マンオブザマッチは間違いなく石川直宏選手。
あ、ブログで「RUN」を紹介してくれてありがとう!

明日からは秋田取材。
都内よりも10度近く気温が低いとか。
すでに温かい食べ物がおいしいんだろうか。
きりたんぽ?
べただな~

スポンサーサイト
日々徒然 | CM(0) | PAGETOP↑
2008.09.17 Wed 11:57
鹿島神宮参り・・・。
今日から鹿島取材。今準備中の連載ノンフィクションの取材、一環です。
ピッチの状態が心配ですが、いい勝負になることを願いつつ・・・。
長旅の共はいくつかの文庫本。

最近、伊坂幸太郎さんの作品を始めて読破し、はまっています。
「グラスホッパー」という小説、これは良かった!三者三様の登場人物がやがて一つの物語に集約されている形なのですが、描写がファンタジーでありながらリアルで切なさを感じさせてくれるのです。
「人は誰でも、死にたがっている」と囁き、人を自殺させる殺し屋。「自分は操り人形ではないか」とうなされるながら残酷な殺しを繰り返す若者。惨いやり方で妻を殺されて復讐を誓いながら運命に翻弄される鈴木。そこに、押し屋と呼ばれる、人を突き落として死に至らしめる人物が、強烈な個性で絡んでいきます。
なかなか物騒なキャラクターが多いんですが、バイオレンスよりも、人間のはかなさの方が強く読み込め、一気に読んでしまいました。

と言うわけで、鹿島までの長旅は「ラッシュライフ」(伊坂さん)と、「闇の子供たち」(梁 石日)辺りを持って行こう。
到着するまでは、もう遠足気分です。はい。

グラスホッパー (角川文庫 い 59-1)グラスホッパー (角川文庫)
伊坂 幸太郎


日々徒然 | CM(1) | PAGETOP↑
2008.09.11 Thu 11:37
掲載記事のことだったり、スアレスのことだったり。
今週は執筆号がちょろちょろと。
9月9日発売号、サッカーダイジェスト 連載第16回「フットボールの色彩」(島根)
9月10日発売号、サッカー批評 「育成改革論」
9月12日発売号、ワールドサッカーグラフィック 連載第2回「Luz y sombra」(サビオラ)
取材でお世話になった皆様、ありがとうございました。
デッツォーラは天皇杯出場を決めたようで。波乱を巻き起こせ!

それからちょっと祝電を。
WSDでスペインコラムを書くスアレスのcafe godoy、彼の奥さんはタパスのラコルーニャ大会に「マグロと新鮮野菜のマリネ」で優勝!次はスペイン全国大会だね。
ちょっと遅れたけど。開店から半年足らずの快挙に。
Enhorabuena!
お知らせ | CM(0) | PAGETOP↑
2008.09.08 Mon 17:40
アヒルと鴨のコインロッカーと読書
「アヒルと鴨のコインロッカー」、をDVDで見ました。
井坂幸太郎さんの小説が原作。
「引っ越してきたアパートで出会ったのは、悪魔めいた印象の長身の青年。初対面だというのに、彼はいきなり「一緒に本屋を襲わないか」と持ちかけてきた。彼の標的は―たった一冊の広辞苑!?」
 と言う物語説明があったんだけど、見ないと伝わりにくいというか。早い話が、かなり切ないラブストーリーで秀作です。序盤のゆるい雰囲気から一転、気がつくと一気に引き込まれていきました。それにしても、松田龍平という役者さんはとんでもない存在感がありますね。それと、ブータンのことがちょっぴり知りたくなります。

僕は異邦人(外国に身を置く日本人)や日本における外国人が登場人物になっている物語が好きです。
日本人とは、なんなのか。
欧州で暮らしていると、否応なく考えさせられたことも・・・その意味ではアヒルでもブータン人が登場するのですが、先日まで読んでいた梁 石日さん著の「断層海流」、その続編の「異邦人の夜」も読み応えがありました。
フィリピンから出稼ぎで来日した娼婦と日本で成功した在日韓国人の物語。二人を相容れない日本。いつしか残酷な運命が襲いかかると言うお話。
でも著者の表現力なのか、人間の暗部をとことん描きながらも同時にその逞しさも感じさせ、良作でした。

思えば、取材対象として魅力を感じるアスリートも何となく異国で戦った経験があったり、日本でもがいたりしているような。抗えない何かに向かっていく姿は強烈なエネルギーを放つものなんですよね。






読書 | CM(1) | PAGETOP↑
2008.09.04 Thu 20:13
世界ランク4位のスペイン人テニス選手、ダビ・フェレールが100以下の錦織に負けたけど。
全米オープンのフェレール、さすがに混乱していたようですね。
女性審判に差別的な発言もしたり、大会後の彼は反省しきり。
「ナーバスになっていた」と告白していますが、頭に血が上りすぎてしまうのは民族的傾向な気もします。瞬間湯沸かし器と言うか、とかく熱くなりやすいスペイン人。
エレガントな選手が多い中で、スペイン人選手はなかなか野性的です。
世界ランクナンバー1のナダルはまさにその象徴。さすがに洗練されてきましたが、少し前までは島育ちの腕白小僧という感じで。
スペイン人選手はスマートさや華麗さよりも、ドル臭さ、逞しさが求められるクレーコートに強い。全仏オープンでは過去15年、ブルゲラ、モヤ、アルベルト・コスタ、フェレーロ、そしてナダルの4連覇とスペイン勢が席巻。クレーはスペイン人の粗野な生き方に適合するのでしょうか。
言ってみれば大味なんだけど(料理も)、なんか心に訴えるもんがあるというか、憎めないというか。
僕はそんな田舎臭さが嫌いじゃなくてスペインに暮らしていたような気もします。

翻って、フェレール対錦織戦、挑戦者は最後まで我慢して立ち向かい、ミスを誘い出し、勝利を収めました。ベスト8入りはなりませんでしたが、同じ日本人として誇らしかった。心に残る戦いをありがとう。
日本人ならでは、きめ細やかな戦いだった。

ちなみに僕自身はマメでも、我慢強くもなくて。スペイン人の気性の方が合っているような気も。
日々徒然 | CM(0) | PAGETOP↑
2008.09.01 Mon 12:11
パラカロー、エフハリストー、アンディオ
欧州フットボールの新シーズン、ようやく始まった感じです。
リーガ開幕戦、ヌマンシアがらしい戦いで見事にバルサを打ち破りました!カウンターから1点を奪うと、波のように押し寄せる攻撃をまさに死力を尽くして守り抜き・・・凡庸な表現ですが、魂を感じさせる戦いを繰り広げました。
sois campeon!
取材でこの町に1週間滞在したことを思い出し、胸に熱いものを覚えました。選手たちは気さくで、オフの日にスタジアムに行くと、ファンカルロス・モレーノはTシャツとパンツを貸してくれて、スタジアムをジョグしたっけ。なんか得した気分でした。
でも、見知らぬ日本人に丁寧に、フレンドリーに接してくれたのは、、福田健二という日本人選手がヌマンシアで愛されていたから。
運命の皮肉なのか、それともプロフットボール界の真理なのか、ヌマンシアがバルサを破った同日、福田選手はギリシャ2部、イオニコス移籍を発表しました。
イオニコスは2007年までは1部の常連。昇格を絶対条件に大量補強で挑むようで、外国人助っ人、フクダにかかる期待と評価は相当なもの。ギリシャフットボール界は近年、スペイン人監督や選手が流入して結果を残すなど、密かなスペインブームで・・・。
福田選手が移籍を決心するまでの葛藤や決意は、いずれ描ききりたいと思っていますが、今は走り続けるしかないということでしょう。
再びスタートラインに立った勇敢な彼に、今は多くの幸あらんことを。
エーゲ海を眺める港町に訪れ、その勇姿を見ることを楽しみに。

ヤースウ!
日々徒然 | CM(1) | PAGETOP↑
copyright © 2007-2016 estadi14. all rights reserved.
 |ADMIN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。