- スポーツライター・小宮良之のブログ -
--.--.-- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | PAGETOP↑
2009.04.23 Thu 16:47
真田の戦ぶり、見よや!
真田太平記、文庫版12巻、読了しました。
9年間をかけた連載で書き上げた作品だけに(長けれりゃいいもんじゃないが)、読み応え十分!
人間、誰しも死に向かって日々を生きているにしか過ぎず、そこにあるのは無常観なのですが、池波作品では生きることの生々しさがたっぷり描かれているので、読む者の気持ちをわしづかみにしてしまうのですね~。
血に縛られて狂気の人生を送る大男、復讐心に人生を翻弄されながらもそこに生きた証を見つけようとした忍び、魔性を漂わせる女忍び、愚直なまでに主人に仕える侍、平和な世に家名を残すために奔走した長兄、策に溺れず、奢らず、しかし心ゆくまで楽しんだ父。
彼らはそれぞれ魅力的なキャラクターで、愛すべき憎めない人間でした。
でも、やっぱりこの歴史小説の骨子となっているのは真田幸村の生き方かもしれません。
負けると分かった大阪の陣に、あえて自らの命を晒す。
死中に生を求める生き方は男子の本懐というか、一度は憧れるものですが(これが難しい)、最後の時に臨んだ幸村の潔くも爽やかなこと。家康本陣に突撃していく様子は、その描写があまりに生々しく、そのシーンが浮かぶようで、手にする本が震えるほどでした。
いつか、真田ゆかりの地を訊ねることにしよう!
上田城とか、大阪の陣あととか。

真田太平記〈1〉天魔の夏真田太平記〈1〉天魔の夏
池波 正太郎
スポンサーサイト
日々徒然 | CM(0) | PAGETOP↑
2009.04.16 Thu 12:00
「2009年本屋大賞」発掘本部門
なんか嬉しい。
RUN(ダイヤモンド社)が2009本屋大賞の発掘本に選出されていました!

「あらゆる書籍の中から、時代を超えて残したい、埋もれているけどもっと売りたい!」という一冊を全国の書店員さんがお薦めするらしいです。
いわゆる本筋の本屋大賞ではなく、あくまで発掘本として書店員さんが推薦してくれています。
なので、書店員さんありがとう。何千、何万と本がある中で、本を読むことに慣れた書店員さんに選んでもらったのだから、自信になります。

honyahakkutu.jpg


今日発売のNumberで、戦い続ける福田選手の激闘を記しました。
改めて、RUNも多くの人に読んでもらえれば幸いなのです。


number_090430.jpgSports Graphic Number
2009年 4/30号


本の紹介 | CM(1) | PAGETOP↑
2009.04.14 Tue 17:55
スペイン語、英語版でもどうぞ。
この度、スペイン語、英語、でもブログを展開!
なんて、大がかりな話しではないのですが、
数少ない外国人の友人も見られるように、
Googleの自動翻訳へのリンクを貼ってみました。
所々、おかしな翻訳はあるけど、へぇ~という感じで読めるかと。
国旗をクリックしたページで画像が表示されない場合は、
一度、記事やトップページへのリンクをクリックすると、画像も現れるようです。
是非、お試しを。

下はヴォルフスブルクの卵オブジェ。
結構かわいい。

tamago.jpg

日々徒然 | CM(0) | PAGETOP↑
2009.04.12 Sun 07:51
欧州蹴球見聞録
昨日、日本に戻ってきました。

早速、キョウーレツな時差ボケに悩まされ、それならとばかりに更新できずにいたブログを朝から。

アテネでは福田健二、ヴォルフスブルクでは大久保嘉人を密着取材。
原稿はすでに上がっていて、骨太な感じで手応えありです(自分で言うのもなんだけど)。
4月16日発売の『Number』で掲載予定!

取材内容は誌面に譲るとして。

アテネでは福田家に大変お世話になり、誕生パーティーまで自宅で開いてもらいました。至れり尽くせり。福ちゃん自らアサード(炭焼きバーベキュー)で祝ってくれ、奥様や二人の娘からは部屋に飾り付けをしてもらったり、素敵なキーホルダーを頂いたり、誕生ケーキまで。
とっても楽しい夜でした。
こういう一日があるから、人は生きていけるんだと思います。
ホント、ありがとう!
二人の娘がかわいくて・・・必死で手を振る姿を見ていたら、お別れ、泣いちゃいそうだった。
マジ、焦った。
年取ったな~

そんなわけで、次はヴォルフスブルク。
卵(?)のオブジェがかわいくて、小さいけど、とてもしゃれた街です。フォルクスワーゲンさんの地元。
嘉人とは久々のルポ取材。
というのも、マジョルカで1年にわたり密着してから、あえて身を退いていました。それはお互いの距離感の問題だったり、彼のようなキャラクターは他のライターがもっと取り上げることで磨かれるような気もしていたから。しかしほぼ2年半ぶりの取材。確かめたいことができたのと、もう一度W杯に至までの彼を追いかけてみたくなったのです。
モトカレ、モトカノみたいな感じで、話している内にすっと馴染んだのが楽しかった。
お互い好きなコーヒー、半日で店を変えながら5,6杯飲んだ。

それにしても、やっぱりもう少し頻繁に欧州に行かないとな、と反省。
五感が冴えます。それは言葉も含めて適度の緊張状態を日常的に続けているからなのか、視覚的にも聴覚的にも入ってくるモノが非日常だからか、とにかく刺激を与えてもらえるんです。
原稿のノリもいいわけで・・・。
早速、欧州取材の企画でも練ろうっと。
W杯に向けては南米もいい。せっかくスペイン語いけるわけやし。

と言いつつ、今週は青森取材だ。
花見頃かな。
それともリンゴ料理?

最後に今回習得したドイツ語たち。
クリトゥン(領収書)
アイン、ヌル、フュンフ(105号室)
チュリゴン(すいません)

すいません、会話集にはエントゥルシュルディグングとカタカナ読みが書いてあったのですが、これだと3回読んで通じず、4回目で不思議な顔をされるだけでした。。。

日々徒然 | CM(0) | PAGETOP↑
copyright © 2007-2016 estadi14. all rights reserved.
 |ADMIN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。