- スポーツライター・小宮良之のブログ -
--.--.-- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | PAGETOP↑
2011.11.26 Sat 11:09
「導かれし者」、角川文庫から出版!
11月25日、「導かれし者」(角川文庫)が出版されました。
2007年11月に出版された「RUN」の文庫化です。
エピローグと文庫あとがきを新たに加え、改題し、装丁も新たにしました。文庫はお手頃な値段でより手に取りやすく、さらに多くの方に読んでもらえたら幸いです。
福田健二という男の戦いは、今読み返しても胸を熱くさせるモノがあります。その一瞬を記せたことは、著者冥利に尽きるでしょう。
アスリートたちは一瞬を苛烈に生きるだけに、儚くも激しい光を放ちます。自分は福田が闘う姿を切り取らせてもらったわけで、極めて恵まれていたと思います。
本タイトルを「導かれし者」としましたが、福田は他力本願だったり、受動的な人生を送ってきたのではありません。人生をかけた戦いの果てに、まるで導かれるようにいるべき場所に立っていた、という意味を込めました。
今も生まれ故郷愛媛で走り続ける彼にエールを込めて。

ぜひ皆様、改めてご一読下さいませ。

導かれし者 流浪のストライカー、福田健二の闘い導かれし者 流浪のストライカー、福田健二の闘い
(2011/11/25)
小宮 良之




スポンサーサイト
お知らせ | CM(0) | PAGETOP↑
2011.11.10 Thu 11:18
11月10日発売のNumber791号で執筆しました
本日発売のNumber「世界で戦えるサムライの作り方。~日本サッカー育成最前線~」で「バレンシア日本校では何を教えているのか」という記事を執筆しました。
マジョルカ、ヘタフェ、セレッソ大阪で実績を残す中谷吉男さんのインタビュー。バレンシアのスクールを日本で開校したわけですが、直属の下部組織であるところが関心を引きます。すでに二人の少年が中谷さんの指導を受け、”昇格”しました。欧州のクラブのスクールと提携しているところはありますが、下部組織との提携は着目すべき点。
スペイン語も喋れず、ツテもなかったにもかかわらず、中谷さんはTV局を辞め、スペインで最高位のライセンスを取り、指導した選手は現在トップで活躍(マジョルカのヌスエなど)、さらにわずか3年で非力だったセレッソ大阪U-18を日本一にしました。
そんなバイタリティー溢れる人物がバレンシア日本校で目指すものとは。また、日本とスペインの決定的な育成の差とは。
是非ご一読下さいませ。

いつか、中谷さんには日本人監督としてスペインのクラブを率いて欲しい!

Sports Graphic Number 2011年 11/24号Sports Graphic Number
2011年 11/24号



お知らせ | CM(0) | PAGETOP↑
copyright © 2007-2016 estadi14. all rights reserved.
 |ADMIN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。