- スポーツライター・小宮良之のブログ -
--.--.-- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | PAGETOP↑
2012.03.12 Mon 11:22
争うは本意ならねど
木村元彦さんの「争うは本意ならねど」を読了しました。
悪意のある権力者に吐き気を覚え、善意のドクターたちの行動に拍手を送り、著者の取材力に圧倒させられました。
ジャーナリズムの傑作、数多くの人に読んで欲しい本です。

正直、我那覇選手とドクターがこれほどのドーピングえん罪に巻き込まれていたのは知りませんでした。
これは読んでもらうしかないほど入り組んでいる話なのですが、川崎のドクターたちの名誉を晴らすためにJリーグの他のドクターたちが奔走した姿は、サッカーに携わる人間として感嘆せずにはいられません。
彼らがどれほどの無力感、徒労感を押し込め、果断な行動を続けられたのか。本当に頭が下がる思いでした。
善意の人々のおかげで、Jリーグは成り立っているのでしょう。
真実は醜さと美しさを共有しているものですが、その二つを同時に紡ぎ出すのには相当な取材と勇気と筆力が必要になります。
ジャーナリストとしてその事実を浮き彫りにした木村さんに感服します。

現在、バルサを率いる世界の名将、グアルディオラは選手人生の後半、イタリアでドーピングえん罪に巻き込まれています。彼は当初から「無実を証明するには引退も辞さない」と6年間にわたって徹底抗戦。2002年のW杯を棒に振ったし、当然プレーヤーとしての大切な時間を失いましたが、人生の潔白を証明するために犠牲を恐れませんでした。
グアルディオラの高潔で勇敢な姿勢は、今の指揮官としての在り方に示されています。
彼が優れた成績を残しているのは、戦術的な指導に秀でている、というようなことだけではない、もっと人間的な信望があるからなのです。

我那覇選手、失った時間は取り戻せません。
しかし、彼は無罪を勝ち取ったことでこれからの人生において上を向いて歩いていけるでしょう。
ストライカーとしてまたゴールを見せて欲しいです。
以前からアンチ・ドロップアウトという連載の登場人物として考えさせてもらっていたので、棲み分けはとても難しいにしても、できればあくまでサッカー選手としての再生を描いてみたいと思いました。
ちゅらゴールの軌跡を。

お薦めの本です。

争うは本意ならねど争うは本意ならねど
ドーピング冤罪を晴らした我那覇和樹と
彼を支えた人々の美らゴール

木村 元彦

スポンサーサイト
読書 | CM(0) | PAGETOP↑
copyright © 2007-2016 estadi14. all rights reserved.
 |ADMIN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。