- スポーツライター・小宮良之のブログ -
--.--.-- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | PAGETOP↑
2012.06.20 Wed 13:47
女性とスポーツライター
引き続き、進路を考える女子大生の方から質問があったので、コメントします。
女性にもスポーツライターの道はあるのか。
僕は男ですが、もちろん女性のライターの方もたくさんいらっしゃいます。
サッカーだけで言えば男性が多いのは事実ですが、昨今のなでしこの原稿は女性が中心ですし、海外サッカーなど語学を使う場合、女性が入る余地が多くあるような気がします。

語学、競技経験、人脈、破格の文筆力などセールスポイントがあれば、もしくは磨くことができれば、男性であれ、女性であれ、チャンスは転がっているのでは。




スポンサーサイト
日々徒然 | CM(0) | PAGETOP↑
2012.06.12 Tue 13:28
スポーツライターになるには。
先日、ある高校生から「スポーツライターになりたいのだが、進路選択について相談を」というメッセージをいただいた。
実はこうした質問は、年に数件はある。
せっぱ詰まったようなものから、興味本位のものまで。
基本的に、ライターになるための進路選択は無数にあり、各人の状況によっても違いすぎるので、率先しては答えないできた。

ただこの機会に、簡潔に、あくまで個人的な見解として、答えさせてもらえば、まず高校生であれば、「大学で学ぶ」という月並みな答えをするしかないと思う。
ライターになるのに、学部や学科はそれほど吟味する必要はない。興味のある分野に進むべきだ。興味がなくてもライターになれないわけではないし、それは例えば新聞学部のようなところだったら、可能性は広がるが、可能性の問題でしかない。
僕は外国語学部スペイン語科だが、今の職業に就いている。
高校生に関しては、いや、これは誰にでも当てはまると思うのだが、何かを夢中にやっていれば道が拓ける、こともある、としか言えない。

こんな答えしかできず、申し訳ないと思う。
でも、この職業は方法論でなれるものではないと思うのです。
参考にならず、あしからず。

日々徒然 | CM(2) | PAGETOP↑
2012.06.09 Sat 16:21
Number PLUS(欧州蹴球読本)
昨日、EURO2012が開幕しました!
現在発売中のNumberPLUSユーロ2012号で、ラウール・ゴンサレスについての追憶ノンフィクション、「無敵艦隊の悲運を背負った男」を書いています。

大会の盛り上がりと合わせて、ぜひご一読下さいませ。

Sports Graphic Number PLUS EURO2012 欧州選手権蹴球Sports Graphic Number PLUS EURO2012 欧州選手権蹴球
(2012/05/17)
不明

商品詳細を見る
お知らせ | CM(0) | PAGETOP↑
copyright © 2007-2016 estadi14. all rights reserved.
 |ADMIN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。