- スポーツライター・小宮良之のブログ -
--.--.-- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | PAGETOP↑
2014.09.09 Tue 15:53
ブログへの質問
プレーの実績がなくてもプロクラブのテクニカルスタッフ、スカウティング部門に入ることは可能でしょうか?

という、質問をブログにもらいました。
とても真剣な問い合わせだったのですが、直接連絡するのは憚られ、こうしたことに興味を持つ方もいるかもしれませんので、この形でお答えします。

結論から言えば、簡単ではないことだと思いますが、不可能でも決してないと思います。
まったくプレー経験がないと難しいと思いますが、選手として続けるだけの身体能力がない場合もあります。事実、モウリーニョやビラス・ボアス、マヌエル・リージョ、マンサーノらは高いレベルでのプレー経験はないですが、名将です。さらにテクニカルスタッフのレベルでは、フィジカルトレーナーや戦略スカウトなどは同じく選手経験がない場合も多くあります。ここは野球とは大きく違うところで、野球の場合は戦術よりも、技術的な指導が多くなるため、プレー経験が不可欠になるのです。説得力も含めて。
体育学を修め、フィジカルトレーナーとしての実績を残しながら、スタッフに入る、というのも一つの手でしょう。それはメンタルトレーナーに関しても同じことが言えるかもしれませんが、スタッフとしては選手という経歴に代わるストロングを持っていることが必要かもしれません。
日本では現状、経験者が優遇されていますし、決して平坦な道ではないと思いますが、可能性は閉ざされてはいないし、そういう人物が出てくるべきだとも思います。あくまで一般論ですが。
参考になれば、幸いです。
スポンサーサイト
サッカー | CM(1) | PAGETOP↑
copyright © 2007-2016 estadi14. all rights reserved.
 |ADMIN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。