- スポーツライター・小宮良之のブログ -
--.--.-- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | PAGETOP↑
2008.01.31 Thu 13:39
RUNがJリーガーに与えた影響とは。柳沢君の言葉。
RUN、かなり多くのJリーガーが読破し、少なからぬ影響を受けていてくれている模様です。
浦和の相馬ブログは話題になったみたいだけど、ブログに書いていない選手でも、「移籍を志願した」「コノママデハイケナイと思った」「自分を見つめ直した」と感動を伝えてくれるのはとても嬉しいことです。
ホント、感謝です。

徳島ヴォルティスの柴村直弥選手はブログで、「おれも常々思ってきたけど、一日一日を大事に精一杯生きるということが本当に大切なことなんだと改めて感じました」という思いを綴ってもらっています。
http://blog.goo.ne.jp/shei90/d/20080128
ちなみに柴村君という選手はACミランユース、新潟シンガポールと個性的なキャリアを送っており、ぜひ一度会ってみたいと思いました。

さて。選手からの反響が多いと僕は柳沢君の言葉を思い出します。
実は以前、彼に雑誌でインタビューしたとき、「遺書。」を読んでいたことを明かしてくれたんですが「よくあの話を書けますよ」といわれたのです。これはショックでした。もしかすると、他意はなかったかも知れないけど、「ああいう身のうち話は書くべきではない」というような皮肉が込められていたような気がして・・・。
「遺書。」は衝撃的内容で、刺激が濃縮でした。だからこそ、RUNはその先にある物語で、家族を軸に福田という人間の葛藤と成長をじっくりと描いています。今は、戦い続ける姿に共感してくれている人たちが多いことが、筆者としては嬉しく、溜飲も下がる思いです。

柳沢君、RUN読んでくれたかな?


本の紹介 | CM(0) | PAGETOP↑

★ COMMENT

★ COMMENT POST













copyright © 2007-2016 estadi14. all rights reserved.
 |ADMIN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。