- スポーツライター・小宮良之のブログ -
--.--.-- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | PAGETOP↑
2008.03.14 Fri 21:33
スペイン語について。
スペイン語、使わないと忘れていくものです・・・。
わずかな亀裂から水漏れするみたいに、わずかずつだけど着実に。単語や言い回しが消えていくような。あ、これスペイン語でなんといったっけと変換しようとして、ぽっかりとその記憶だけが抜け落ちていたときの気持ち悪さ。これ、たまりません。
そんなときは記憶力がどれだけ不確かなものか、痛感させられます。
サッカー中継を現地の実況で見たり、ウェブで新聞をチェックしたりはしていても、忘れるものは忘れる。「しばらくしたら、全然話せなくなるんじゃないか」と焦ったり。

でも、そんなこんなでドキドキしながらスペインに戻ると、最初にあった違和感がどんどんなくなってきて、なんか言葉が体に馴染んでいって・・・これがなかなか気持ちよかったりもします。
Me cuesta hablar,no me sale lo que quiero decir!
なんてぼやきながらも、出てこなかった言葉がふと出てきたときは「ふふっ」とほくそ笑んだり。なにより会話のシャワーに晒されると、すっきりとしていき・・・ほっとします。

まあ、忘れて気持ち悪い今はそれなりに貴重というか。だって、スペインに戻り、スペイン語が戻ると、もう一人の自分がむっくり起き出す感じで。思考、感覚は日本にいるときとは微妙にずれているはずで、これは堪らないです。

それにしても、アルゼンチンのスペイン語は聞き取りにくい。ディステファノのインタビューはおじいちゃんということもあり、難解極まりなかった。



日々徒然 | CM(0) | PAGETOP↑

★ COMMENT

★ COMMENT POST













copyright © 2007-2016 estadi14. all rights reserved.
 |ADMIN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。