- スポーツライター・小宮良之のブログ -
--.--.-- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | PAGETOP↑
2008.04.17 Thu 12:09
この道はきっとどこかにつながっているのだ。
昨晩、福田選手と電話で話をしました。
尊敬できる選手であり、気の置けない友人でもある彼と話すことは、とても刺激になります。
スウェーデンの名門、イエーテボリとの親善試合で、かりかりしたDFから悪質な蹴りを尾てい骨に受け、その痛みがひどくしばらく戦列から離れていたようですが、今は英気を養い、復活を見据えている様子で。乾坤一擲、捲土重来、その反撃を今は楽しみに。

「RUN」の反響は福田選手個人にも届いていた模様ですね。
ある小学校では道徳の教材に使われたとか。
「生きる勇気を与えてもらった」という人もいたとか。
僕は伝者に過ぎないのですが、そういう話を聞くと溜飲が下がります。
”何か”は読んだ人々の心に残るんだろうなと。それは彼との約束だったし、書き手として奢りではなく、自負なのです。

実は「RUN」は狙っていた文学賞を逃しました。
これは僕の不徳の致すところで、全く恥ずかしい。これだけの素材を文学の領域にまで高めることができなかったのは痛恨の極みです。
自分には”何か”が足りなかったのでしょう。

でも、たくさんの反響を聞き及ぶに付け、やっぱりこの本を書いたことは誇りに思えるのです。

「RUN」というタイトルには、表題の思いが込められています。
どこかにつながっているに違いない道を走っていくしかない。
その道にいろんな”何か”は転がっていて、それは見方によっていろんな形や色に映るんだと僕は思います。
走り続ける姿にリアルなドラマがあるんだと。
僕の仕事はその一瞬を自分のフィルターで切り取り、世の中に伝えること。それを続けるしかないんです。

そうそう、「RUN」というタイトルが自分の中で決するまでは、「殺し屋とホットケーキ」というタイトルが有力でした。
今日の朝食はホットケーキ。
僕は熱々の時にマーガリンをたくさんぬって食べるのが好きです。
本の紹介 | CM(3) | PAGETOP↑

★ COMMENT

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008.04.18 00:27 | posted by - | | EDIT |
コメント、どうもありがとう。
スポーツライターという職業、特定のスポーツが好きな人よりももともと文章を書くのが好きな人の方が、適正はあるとか。
なんであれ、好きな分野で活躍できたらいいですね。
2008.04.18 15:00 | posted by komiya | URL | EDIT |
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008.05.05 11:46 | posted by - | | EDIT |

★ COMMENT POST













copyright © 2007-2016 estadi14. all rights reserved.
 |ADMIN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。