- スポーツライター・小宮良之のブログ -
--.--.-- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | PAGETOP↑
2008.07.14 Mon 13:01
バレーボールと読書
先週は地方取材→原稿執筆→地方取材→原稿執筆と慌ただしかったので、週末はゆっくり。
ふらふらとバレーボール、ワールドグランプリに出かけ、読書とDVD鑑賞。

女子バレー、さすがに五輪前だけ合って、横浜アリーナは盛り上がっていました。改めて、女性ファン多し。
TV局の扇動もあるんでしょうが、異様な雰囲気が漂っていました。
僕が見たのはアメリカ戦だけですが、結果はフルセットの惜敗。清々しい試合とするのか、勝負弱いとするのか。地元だけに勝つ姿を見たかった。
でも、目先が変わり、それなりに刺激的で楽しめました。

読書は雫井さんの「犯人に告ぐ」と重松さんの「トワイライト」。
犯人に告ぐ、は雫井さんならではのスピード感と意外性を楽しめます。オススメ。
トワイライト、は展開はスローで予想もできなくないんだけど、重松ワールドというか、暖かみのある文章で一気に世界に読者を引きずり込む手法は・・・没頭しました。

映画はサンシャイン2057を鑑賞。2057年、衰えた太陽を核爆弾で蘇らせるために、宇宙船イカロス号で太陽へ向かった8人の物語。実はあまり期待していなかったが、なかなか見応えがあり。
人はちっぽけな塵なんだな、などと感傷に浸った。
太陽拝んでみた。

画像-0067
日々徒然 | CM(0) | PAGETOP↑

★ COMMENT

★ COMMENT POST













copyright © 2007-2016 estadi14. all rights reserved.
 |ADMIN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。