- スポーツライター・小宮良之のブログ -
--.--.-- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | PAGETOP↑
2008.10.11 Sat 11:32
離島生活なのだ。
しばらくの間、離島旅行をしてきました。
西表島、由布島、竹富島、小浜島などを転々。
イリオモテヤマネコは発見できませんでしたが、トカゲだったり、ハゼだったり、ヤドカリだったりとワイワイしてきました。
はしゃぎすぎ。子供みたいでした。
童心丸出しで夢中になったのはミナミコメツキガニ。干潟にえさを食べるために土中から出たり隠れたりするんですが、体をスクリューのようにして土に潜る姿が愛らしい。彼らが一斉に干潟に現れる姿は突然大軍の兵士が現れたようらしく、兵隊がにとも呼ばれるとか。
水牛に揺られてみたり、隠れクマノミを見つけたり、山羊と会話したり、らじばんだり。
なんか動物づくしだったような気もします。

そういえば、僕は小学生の頃の夢は、動物博士になること、でした。
動物ノートなるものを毎日付けていて、その数は大学ノートで20冊近いかと。教室でも暇があれば書いていたので、ちょっとした変人だったことでしょう。大人は等しく苦笑しながら驚いたし、同世代の子供はなんだか初めてみるものをみるようでしたから。世界中の動物写真を一頭ずつスケッチして、様々な図鑑から抽出した文章をメモをして、コメントをしたり、キャラクターを作ったり、たまに動物園で取材したり。

そんな動物博士の夢、ある日、なんか違うなと思ったのはいつだったか。
はた、と思い出すのは。小5,6くらいで学校のサッカー部に入ったくらいからか。野球も、エレクトーンも、水泳も全くダメだったのに、サッカーは結構イケたんです。キャプテン翼の影響で100人くらい部員がいたのに、AチームのCFを任されて、初めてバレンタインのチョコを女の子にもらい。
「え、動物博士よりもサッカーやってた方がいいかも」なんて思ったり、思わなかったり。
結局、男の子なのです。

まあでも、その後も僕は変人でした。だから、決してモテルタイプではなかったし、そしてライターなんて稼業をやっています。

とにかく、離島生活はなんか子供に戻れるというか、また行ってみたいと思わせるものでした。
動物だけじゃなく、もちろん人間も温かい。
お世話になった方々、ミーファイユー!


日々徒然 | CM(1) | PAGETOP↑

★ COMMENT

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008.10.12 20:18 | posted by - | | EDIT |

★ COMMENT POST













copyright © 2007-2016 estadi14. all rights reserved.
 |ADMIN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。