- スポーツライター・小宮良之のブログ -
--.--.-- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | PAGETOP↑
2008.10.18 Sat 11:08
臆病風に吹かれて。
日本対ウズベキスタン、勝ち点1はやっぱり寂しかった。
チャンスは作ったけど。ゴールゲッターの不在は深刻だ。
でも、それはチームコンセプトに弊害があるような気もした。。
例えばヨシトはあれだけゴール前から離れてしまっては平凡な選手に成り下がるのは当然だ。
Jリーグでは左MFとして得点もアシストもして万能な印象を与えるが、彼はそれほど器用な選手じゃない。国内では通用しても、国際舞台ではミジメですらある。リーガ時代も、無理にドリブルで打開しようと中盤に下がった彼は失笑の的だった。
得点も狙えるMFとして新境地を開拓く、なんてフレーズはばかばかしいにもほどがあるんだけど。
ゴールに近くになればなるほどヨシトは力を発揮する選手なのだ。
守備も、アシストも、そしてゴールも求められることで彼はパンクした。

岡田ジャパンの印象というのは、全員守備、全員攻撃でチーム一丸力を合わせ、攻守において力を補いながらやると言うことだろうが、裏を返せば、一人一人の個が曖昧で、責任のなすりあいのチームにも見える。これはJリーグ全体の問題で、日本サッカー界のアキレス腱だけれど。
「少し選手たちが臆病になってしまった」
勝ちきれなかった試合後、岡田監督は語っていて、それはとても的を射ていた。けど、そういうチームを作り、戦ったのは誰だったのか。少しプレッシャーが強くなると受け身になり、バタバタと混乱する。格上なのに、勝ちたいよりも負けたくないの臆病風に吹かれる岡田ジャパン。
石橋を叩いているウチに、橋から突き落とされないといいのだが。
ぼっけぇ、きょうてぇ
お知らせ | CM(3) | PAGETOP↑

★ COMMENT

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008.10.18 21:53 | posted by - | | EDIT |
K大学の学生さん、コメントありがとうございます。
サラマンカ、あまり気張らずに楽しんでください。サッカーが好きで、たくさんの人と現地で関わっていれば、然るべき時に求めているものと会えるかも知れません。
大きなことは言えませんが。
2008.10.20 11:21 | posted by komiya | URL | EDIT |
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008.10.20 22:28 | posted by - | | EDIT |

★ COMMENT POST













copyright © 2007-2016 estadi14. all rights reserved.
 |ADMIN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。