- スポーツライター・小宮良之のブログ -
--.--.-- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | PAGETOP↑
2008.12.30 Tue 15:17
2008年最後に思うこと。
先日、講師の仕事の打診を受けました。
スポーツライターを養成する講座らしいです。
企画自体どうなるか、そして僕自身引き受けるかどうか分からないのですが、とても栄誉なことだとは思っています。
自分も人生の中で出会った人に何かを与えてもらってきたわけだから、それを誰かに返すのは筋なような気もします。

でも正直、僕はこういう仕事に今まで興味がなかったのです。なぜなら、僕とは違う人生を歩んできた人たちに同じようなインタビュー術はマネできないし、文章もしかりです。
コピーは決してオリジナルを越えないのです。

だから、僕はスポーツライターとして誰か先輩に師事したことがありません。また、横のつながりを作り、みんなで波長を合わせてというタイプでもありません。
まったくの自分流です。
これ、いいところも悪いところもあるんだろうけど。僕はそうするしかなかったし、それでなかったらたぶん今の看板は掲げることはできなかったでしょう。

スポーツライターという職業、これはなんなでしょうか。
昔、ある同業者が言っていました。
「俺たちの仕事は売春婦みたいなもんだ」。
依頼された仕事をこなしていく。雇い主からそれに応じたギャラをもらう。まあ、たしかににそのものなんだけど・・・僕は断じて違うと思うのです。

そりゃ、売春婦は歴史のある職業で、見上げたものなんでしょうが、根っこの部分で違います。
それは仕事を選ぶのは僕だと言うこと。僕に選択権があり、僕が興味を抱いたことを出発点にその人物を描くんです。
基本的に。
人間には本人も見えない心の奥底があるもので、僕が何とかそこに辿り着き、暗がりに灯りを照らすのが仕事なのです。

雇い主(媒体)がいて、ターゲットがいるというのならば、売春婦よりは殺し屋の方がむしろ近いなーなんて思います。
ターゲットを”仕留める”=心を解き放つわけだけど、僕は愛情を感じなければ、ターゲットにしないのです。
大きなことを言うようですが。
でも自分で選んでいるからこそ、責任や覚悟も生まれ、作品性に繋がるのではと思うのです。
まあ、僕の場合はそこで必要になる筆力がまだまだ未熟だけど。

たしかに流行に右往左往する依頼にだけ応える仕事は、売春婦と同じです。
快楽は生んでも感動は与えない。
まあ、とびっきり凄腕の売春婦もいいでしょう。それはそれでリスペクトすべきです。
でも、愛の力にはやっぱりかなわないっしょ。
と僕は思います。

愛のあるノンフィクションを。
身の程の知らずの壮大なテーマだけど。
来年もそんな感じでいっちょやったろやないけ。



日々徒然 | CM(1) | PAGETOP↑

★ COMMENT

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009.01.07 01:19 | posted by - | | EDIT |

★ COMMENT POST













copyright © 2007-2016 estadi14. all rights reserved.
 |ADMIN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。