- スポーツライター・小宮良之のブログ -
--.--.-- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | PAGETOP↑
2009.03.21 Sat 13:42
高知城は堅牢なれども。
今週は高知取材。
高知城はなかなか立派で、人出が少なくなかったのも頷けます。追手門と鉄門は防衛側が攻め掛かる敵を三方から攻撃できるよコの字型の構えになっていて防衛戦略上の機能も高く、攻めるのに苦労するな・・などと戦国オタク的センチメンタルな気分になってきました。
まあ、関ヶ原の戦いのあとに建てられた城なので、いわゆる攻城戦は経験していないはずですが・・・四国を統一した長宗我部元親が一度は本拠にしていた場所(水害が酷く、すぐに浦戸に城を移転させたのです)なので、十分に浪漫を感じさせてくれました。
元親は「鳥なき島のコウモリ」と揶揄された武将ですが、農民、商人も参加させて作った一領具足の兵団は、四国を席巻。ただ、職業平氏訓練を受けた中央の軍には完敗し、土佐一国を安堵されるもその後は愛息を失い、精神的破綻をきたしたのか、彼の死後すぐに家は取りつぶされ・・・栄光と没落後の凋落ぶりが哀れさを誘うのです。

そんな高知は土佐、当時から鯨漁が盛んだったらしく、場内には鯨を捕獲して浜辺で調理をする様子が模型で紹介。なかなかグロテスクでしたが、これも文化なのです。給食で鯨の竜田揚げを食べていた世代としては。外国人観光客はわぉと顔をしかめていましたけど。

kouchijo

明日からは長崎でノンフィクション取材。
日々徒然 | CM(1) | PAGETOP↑

★ COMMENT

素敵な出会いに感謝します。
書籍の方読ませていただきます。
お仕事頑張ってください☆+°
2009.03.24 09:58 | posted by ぷれみあ | URL | EDIT |

★ COMMENT POST













copyright © 2007-2016 estadi14. all rights reserved.
 |ADMIN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。