- スポーツライター・小宮良之のブログ -
--.--.-- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | PAGETOP↑
2009.09.06 Sun 11:53
オランダ対日本
日本での取材を選択し、オランダには飛んでいないのでうかつなことは言えないけど。
オランダ戦、岡田ジャパンは酷かった。
90分間、走り続けられるわけがない。あれだけ腰が引けたサッカーをすれば、相手を焦らさせることはできるだろう。けど、いつかはやられる。そして一度やられたらもう立ち直れないです。
90分の勝負でいかに勝利するのか、と言うゲームデザインは感じられず、ただ走り回り、守りきる、と言う姿を見せられ続け、最後におきまりのように失点する、うなだれる選手たちの姿は惨めだ。
フットボールゲームの原則である得点を奪って勝つという原則を無視しているわけで、そんなんだから、岡田ジャパンは人気がないンじゃないか、と思う。つまらない、夢もない。
森本が入ろうが、本田が頑張ろうと、指揮官が走ること、ボールを回すこと、守ることに執着しているようだと、彼らももがくだけだろう。
「この監督のチームデザインが見えない。走るだけで勝とうとしているなんてあまりに無謀だ」
SportivaやNumberでの取材した外国人監督や名物記者は口々に言いました。
スタンドで見ていたら、不快な気分になっただろうから、良かったようななんなのか。
それにしても、ベスト4とか、いい加減口にしないで欲しい。新興アジアでもぎりぎりベスト4なんだから。
やたらと高すぎる目標設定と逃げ腰での総力戦思想・・・。
こんな代表では、悲しいぜよ。
お知らせ | CM(0) | PAGETOP↑

★ COMMENT

★ COMMENT POST













copyright © 2007-2016 estadi14. all rights reserved.
 |ADMIN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。