- スポーツライター・小宮良之のブログ -
--.--.-- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | PAGETOP↑
2010.03.10 Wed 23:42
書き下ろし、追加。
3月25日に発売する「アンチ・ドロップアウト」、完全な書き下ろしで追加しているのが、石川ナオ君の続編、それに李忠成君の章です。

忠成君、面構えが印象的ですね。ストライカーの顔というか。荒々しく研がれた刀を思わせ、雰囲気があるなと。
広島では牡蠣を食べたり、お好み焼きを食べたり、彼の知っている店に行きましたが、どこも唸るほどの旨さ。
つい先週も、最後の締めで、広島へ。
長期に渡ったルポ取材でした。。。
周辺取材も含め、もちろん彼のお父さんの話も聞き、4時間以上喋っていたのか・・・小平の焼肉屋、素晴らしくおいしかった。
忠成君が今感じている空気、原稿にすることができたと思っています。
「自分は一度死んだ選手」
そう告白する彼が、喧噪の北京五輪を経て、今、何を感じ、何を求め、生きているのか。
在日コリアンという枠を超えようとする、若者の静かな咆吼を。




本の紹介 | CM(0) | PAGETOP↑

★ COMMENT

★ COMMENT POST













copyright © 2007-2016 estadi14. all rights reserved.
 |ADMIN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。