- スポーツライター・小宮良之のブログ -
--.--.-- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | PAGETOP↑
2010.09.29 Wed 13:59
leer
旅の友は文庫本。アナログ人間です。
最近読んだ本たちで印象に残ったのは。

ボックス(百田尚樹)
英雄にっぽん(池波正太郎)
武田家滅亡(伊東潤)

ボックスは、設定はありがちなのだが、読者を飽きさせない。二人の主人公の思いが交錯する瞬間が、スポーツシーンの醍醐味だった。先生の視点から見たボクシング描写が親切で分かりやすく、表現力豊か。生き生きとした登場人物たちにウルウル。泣かせにきているんだろうけど、まんまと。スポーツ小説としては最高の娯楽性。主人公の一人である鏑矢、前半は大久保嘉人を思い出させた。

英雄にっぽんは、池波流で山中鹿之助を描いています。月山富田城を尼子家のために取り戻そうとした忠義の士として有名な人物ですが、ここでは定型を壊し、むしろ俗的な執着の強い人物として登場。それにしても、一冊を書ききるのに、よくぞここまで主人公を突き放してかけるもんだな、と感服。僕は取材対象者にのめり込んでしまう悪癖があるのだ。

武田家滅亡は、珠玉の戦国小説。以前から知っていたが、センスのない装幀をみて買うのをやめた。でも読んでびっくり。伊東さん、とんでもない筆者である。姫、佞臣、忠義者、裏切り者、一介の城兵など、様々な視点で、お家滅亡が描かれ、それぞれの情景が目の前に浮かんでくる。昨今は戦国小説花盛りだが、この著者の筆力は驚きに値しまする。ちなみに高天神城は最高の山城跡。未踏の高遠城に行きたくなった。

そういうわけで、戦国奇譚、惨(伊東潤)もハードカバーで買ってしまった。あは。第一章読み終えたばかりだが、その迫力たるや・・・。
現在は、砂漠(伊坂幸太郎)などと同時に読書中~。

戦国鬼譚 惨戦国鬼譚 惨
伊東 潤
読書 | CM(0) | PAGETOP↑

★ COMMENT

★ COMMENT POST













copyright © 2007-2016 estadi14. all rights reserved.
 |ADMIN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。