- スポーツライター・小宮良之のブログ -
--.--.-- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | PAGETOP↑
2011.12.07 Wed 17:01
12月9日発売、「フットボール・ラブ」(集英社)
僕は松田直樹という男と出会い、ほとんど瞬間的に好きになった。
白か黒しかない。
男としての潔さを持っていた。我も強かった。もちろん、それを嫌う人もいるはずだ。
でも、僕は彼のそうした性格に言い知れない魅力を感じた。
ここまで胸襟を開くことができるのか。
彼は素っ裸で挑んでくるのだ。野蛮だし、独善的。でも、品がある。それは上品さとは違う。人間として、サッカー選手として、一つのことを貫いてきた男だけが纏える空気のようなものだ。

・・・書けば書くほど陳腐な気がしてきた。

フットボール・ラブ、読んで欲しい。

もちろん、この本はマツについてだけ書いた作品ではない。田中誠(アビスパ福岡)、古賀正紘(ジュビロ磐田)、南雄太(ロアッソ熊本)、カレン・ロバート(フェンロ)、小澤英明(アルビレックス新潟)、成岡翔(アビスパ福岡)、豊田陽平(サガン鳥栖)・・・マツも8人の一人に過ぎず、それぞれの物語をそれぞれ渾身で書いたつもりだし、それぞれの選手たちが松田とは違う魅力を放っていた。
彼らが戦う理由とは。

ぜひご一読を。

フットボール・ラブ ~俺たちはサッカーをあきらめない~フットボール・ラブ ~俺たちはサッカーをあきらめない~
(2011/12/09)
小宮 良之


お知らせ | CM(3) | PAGETOP↑

★ COMMENT

フットボールラブ、アンチドロップアウト、導かれし者を購入しました。

いずれの本も、あきらめないことに意味があること。人はみんな人生に波があって良い時もあれば悪い時もある。

そんな事を気付かせてくれる本だと思います。

自分も、諦めないで頑張ろう、どう思われても納得出来るまであがいてみよう。
そう思わせられる本です。

潔く諦める事も美しいが、自分が納得いくまで諦めない事も美しい。

今日は、ファンだった佐藤由紀彦選手に会いにVファーレンの最終戦を神戸から観に行きました。

アンチドロップにサインを書いてもらい、小宮さんもスタジアムに来ていると佐藤さんに教えて頂けましたが、小宮さんの顔を知らなかった事と、その後に予定もあったので、小宮さんにサインを貰うのは次回にしようと思いました。

この本は、プロを目指す人、既にプロになっている人が読んでも非常に興味深い内容です。是非、第3段もお願いします。

2011.12.11 21:06 | posted by 神戸人 | URL | EDIT |
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.12.14 00:42 | posted by - | | EDIT |
フットボール・ラブの感想コメント、ありがとうございます!
2012.01.08 16:40 | posted by komiya | URL | EDIT |

★ COMMENT POST













copyright © 2007-2016 estadi14. all rights reserved.
 |ADMIN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。