- スポーツライター・小宮良之のブログ -
--.--.-- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | PAGETOP↑
2007.10.12 Fri 22:45
パンズ・ラビリンス
パンズ・ラビリンス、川崎チネチッタで鑑賞してきました。
1944年のスペイン内戦下を舞台に現実と迷宮の狭間で3つの試練を乗り越える少女の成長を描くダーク・ファンタジー。
これぞスペイン映画という作品でした。
人間の暗部を描き、悲しくも切ない。暴力シーンも容赦なしです。
情熱の国、というスペインの印象は、歴史背景も含めた強烈な影を押し殺すようにして成立しているのでしょう。
予告ではファンタジー感が強いですが、実際は宗教観に彩られたヒューマンなドラマとして楽しめるのでは。

スペイン観、僕は好きです。
何かスペインに行きたくなった。


日々徒然 | CM(0) | PAGETOP↑

★ COMMENT

★ COMMENT POST













copyright © 2007-2016 estadi14. all rights reserved.
 |ADMIN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。